美容には栄養バランスも大切

一人暮らしや外食が多いと、どうしても同じようなメニューになってしまいがちです。麺類やパスタ、パン、ご飯類の炭水化物や、ファーストフード、スナックなどから油脂、糖分などは十分に摂取していると思います。

タンパク質も肉、魚、卵など、メインのおかずから摂取できる場合が多いと思います。それに比べて不足しがちなのが、ビタミンやカルシウム、マグネシウム、鉄分などの体に必要不可欠な栄養素です。

どれも若い女性の体調不良や美容促進と大きく関わっている栄養素なので、以下の栄養後は特に積極的に摂取するようにしましょう。

カルシウム カルシウムが不足していますとイライラしたり、集中力が無くなることがあります。周囲の人たちと円滑に生活を営むためには、カルシウムは必要不可欠な栄養素だと言えるかもしれません。

カルシウムが含まれる代表的な食品と言えば、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品です。その他、イワシやワカサギ、サクラエビなど骨も含めて丸ごと食べられる食品もカルシウムの摂取には効果的です。

ビタミンC お肌に弾力を与えたり、メラニン色素の発生を防いでくれる働きがあるので、美肌作りには欠かせない成分だと言えます。不足すると肌のハリが失われたり、シミやくすみの原因になります。ブロッコリーやパセリ、キウイフルーツ、イチゴ、レモンなどに豊富に含まれています。
ビタミンB1 炭水化物の消化を助けてエネルギーに換える働きがあります。甘いものが大好きな人は、不足しがちになりやすいです。豚肉や豆類、胚芽などに多く含まれています。
鉄分 鉄分は吸収しにくく、不足しやすい栄養素です。鉄分が不足すると鉄欠乏症貧血になってしまい、体力が落ちて疲れやすい体になってしまいます。

鉄分を多く含む食品には、ひじき、レバー、しじみ、ごま、きくらげ、カレー粉などがあります。疲れやすいと感じる人は、これらの食品を積極的に摂取したいですね。
飲み物では、抹茶とココアが鉄分を多く含んでいます。抹茶やココアには食物繊維も含まれているので、便秘ぎみの人にも良いです。

マグネシウム カルシウムの吸収を助ける働きがあり、ほうれん草や小松菜、チンゲンサイ、ニラなどに多く含まれています。その他、大豆やピーナッツ、大豆なども豊富です。

どろあわわ TOPページに戻る

スポンサードリンク