乾燥肌かどうかのチェックポイント

自分自身が乾燥肌かどうかは、自分ではなかなか判断しにくいものです。皮膚科などで医師に言われたり、友人などに指摘されて始めて「私は乾燥肌なんだ・・」と実感するケースも少なくありません。

また、自分は乾燥肌じゃない!と自信を持っている人でも、チェックしてみたら乾燥肌であるケースも少なくありません。

乾燥肌かどうかのチェックポイントは以下の通りです。

○洗顔後に、お肌が突っ張ったり、引っ張られるような感じがする

○お肌が頻繁にかさつく

○肌の表面がひび割れしている

○肘や膝など、顔以外の部分で粉が吹いたような状態になっている

このような状況以外にも、下着のゴム周辺などが痒くなったりする場合は、乾燥肌の予備軍だと言えるでしょう。

体を洗う時にナイロンタオルでゴシゴシ擦ったり、ニキビは皮脂汚れを気にし過ぎて1日に何度も洗顔してしまう場合も、乾燥肌になりやすい状況だと言えます。

また、夏場よりも冬場の方が空気が乾燥しているため、何をしていなくても乾燥肌になることがあります。

しかし、夏場でもクーラーが効いた部屋で長時間過ごすことにより、お肌が乾燥するケースもあります。

乾燥肌の状況は、お肌の免疫力が弱っている状態だとも言えます。この状態が継続されていることで更なる肌トラブルを引き起こす恐れがありますので、乾燥肌であることが判明したのなら、乾燥しやすい状態を作らないこと、そして徹底した保湿ケアを行うようにしましょう。

どろあわわ

スポンサードリンク