スキンケアで一番大切なこと。それは保湿です。

お肌を美しい状態に保つために行うスキンケア。紫外線対策、保湿、マッサージなど、いろんな項目がありますが、スキンケアで最も大切なには「保湿」です。

化粧水や美容液をいくらお肌につけても、お肌の保湿力が失われていると、すぐに水分が蒸発してカサカサの状態になってしまいます。このため、美容の土台をなるお肌の保湿力をキープすることが、とても大切なんですね。

お肌の保湿の分野で一番重要な役割を果たしているのが、皮膚の一番表面にある「角質層」です。角質層は0.02mmのとても薄い層なのですが、ここには約20%分の水分が含まれています。

角質層で多くの水分を維持できる理由は、セラミドなどの角質細胞間資質のおかげです。セラミドは水と結合して、湿度が0%になっても水分が蒸発しないという強い保湿力を持っています。

しかしながら、セラミドは加齢と共に少しずつ失われていきます。このため、化粧品からセラミドやヒアルロン酸を補給してあげることも大切ですね。ただし、化粧水や美容液に配合されているヒアルロン酸は、真皮にまでは浸透しません。ヒアルロン酸はもともと真皮に存在する成分なのですが、化粧品に含まれているヒアルロン酸は、保湿成分として配合されています。

どろあわわ TOPページに戻る


スポンサードリンク