お肌のくすみを無くすために

肌がくすんで見える原因には、いろいろなものがあります。まず考えられる原因が、肌に汚れが残っていることです。クレンジングが不完全だったりすると、取りきれなかったファンデーションや汚れが皮膚の表面の溝にたまってしまいます。

また、クレンジングのあと石けん洗顔をしない人や、朝は水で顔を洗うだけという人も、汚れが残ってしまって透明感が失われてしまいます。

どんなに優れた成分が配合された美白化粧品を使っても、脂の膜のかかった肌の中には入って入っていけません。汚れをきちんと落としてこそ、化粧品の有効成分も働くことができます。

また、肌が乾燥して潤いがなくなったときも、肌はくすんだ印象になります。洗顔と保湿という日常のスキンケアの基本を丁寧にすることが、肌の透明感を保つコツです。

顔色がくすんでいると感じたときは、蒸しタオルと冷たいタオルを1〜2分ずつ交互に顔に乗せると、血行が良くなって顔色が良くなります。

メディカル・エステのケアでは、イオントフォレーシスでビタミンC誘導体を浸透させるのが、くすみの改善に一番有効です。

クリニックのフォトフェイシャルも効果があります。フォトフェイシャルで擦りすぎたために起きているような色素沈着も、透明感のある白い肌にすることができます。

どろあわわ TOPページに戻る

スポンサードリンク