洗顔料を選ぶたった1つのポイント

「せんがん」という漢字は「洗う顔」と書きます。その名の通り、洗顔の一番の目的は「顔を洗う、顔の汚れを落としてキレイにする」ということですね。

最近の洗顔料を見ると、美白成分や潤い成分、ビタミンC、保湿成分などのお肌に良さそうな言葉が並んでいます。しかし、いくらこれらの美容成分が含まれていても、その大半はすすぎの時に流されてしまうそうです。

また、弱酸性の洗顔料もお肌に優しそうですよね。健康な肌のpH値は弱酸性なので、弱酸性の洗顔料は肌に良いイメージがあります。しかしながら、洗い流す水は中性であり、すすぎ終わった後は肌は中性に戻ってしまいます。洗顔後に弱酸性の化粧水を付けることで、お肌に弱酸性になるので洗顔料は弱酸性でなくても良いということになります。

さらに、洗い上がりがしっとりするということを売りにしている洗顔料もあります。このような洗顔料は油分を多めにつかっている可能性があるので注意が必要です。洗顔によって油膜がお肌を包んでしまい、洗顔後に化粧水や美容液をつけてもお肌に馴染みにくくなってしまいます。

洗顔料で一番大切なことは、お肌の汚れを落とすことです。配合されている美容成分や弱酸性などの言葉に左右されずに、洗浄力の良いものを選んでいきたいですね。

どろあわわ TOPページに戻る


スポンサードリンク