顔のたるみを防ぐ

私達のお肌は、それを支えるものが無ければ、自身の重みで下へ落ちていきます。これが顔の表面で落ちてしまうと「たるみ」になりますね。

肌を支えているのは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンです。若々しい肌はコラーゲンの量が豊富であり、エラスチンの線維も長くて蜜な状態になっていますが、色々な原因によってもろくなってしまいます。その原因はズバリ、紫外線による光老化や女性ホルモンの減少ですね。

また、加齢や紫外線などの悪影響によって、天然保湿成分としてもともとお肌に備わっているヒアルロン酸やハリを保っている皮下脂肪まで減って、皮膚全体が薄くなってしまいます。

このたるみが出来てしまう原因は、シミやシワの原因と同じです。たるみやシミ、シワの出方には個人差があり、人によってたるみになったり、シワになったりします。

このため、たるみにおいても徹底した紫外線対策は、常日頃から保湿を心がけておくことが大切ですね。

顔のたるみのサインには、目の下のクマが目立つようになることや、ほうれい線が深くなったことが考えられます。特に目元などの皮膚の薄い部分は小じわができやすすいのに対して、ほおなどの厚い部分はたるみが生じやすいです。

顔のたるみは、以下のような順番で進行することが多いので、注意しましょう。

1.ほおの毛穴が楕円形に目立ってくる

2.下まぶたのクマが目立ってくる

3.ほうれい線が少しずつくっきりしてくる

4.口角が下がりはじめる。

このような兆候が表れはじめたら、自分のスキンケアを1度見直す必要がありますね。

どろあわわ TOPページに戻る


スポンサードリンク