洗顔フォームと洗顔石鹸は何が違うの?

洗顔アイテムを新しく買い揃えようとする時、「洗顔石鹸」にするのか、または「洗顔フォーム」にするのかは迷うところですよね。

この2つの違いと言えば、チューブに入っているか、または固形の石鹸の形をしているかです。このため、使いやすさや自分の肌質だけを考えて選びがちですが、洗顔石鹸と洗顔フォームは中身が全くことなるものです。

もちろん、その用途はお肌の汚れを落とすことであり、使用する目的は一緒です。しかし、肝心な洗浄成分が違ってくるので、自分の肌質に合わせて、洗顔石鹸か、洗顔フォームかを選ぶ必要があります。

まず、洗顔フォームの洗浄成分は、合成界面活性剤が使用されています。使用については国の基準が定められているので心配することはありませんが、合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるというデメリットがあります。

このため、乾燥肌や敏感肌の方は症状を悪化させる危険性がありますし、ニキビなども場合によっては炎症が酷くなる恐れがあります。お肌が弱いと感じている方にとっては、洗顔フォームは控えておいた法が良いかもしれません。

一方、洗顔石鹸の洗浄成分は、脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムの2つの成分が使用されています。これらは天然のものから抽出することが可能であり、お肌への負担が少ないという優れた特徴を持っています。

最近は天然成分を使っていることをアピールした洗顔石鹸もありますが、これはお肌に優しい証拠でもあります。

このため、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方の場合は、洗顔石鹸がおすすめです。

どろあわわ

スポンサードリンク