お肌に良い洗顔方法のポイント

洗顔は顔についた汚れや余分な皮脂を落とすために行うものです。しかし、洗顔方法を間違えてしまうと、肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。

お肌に良い洗顔を行うためには、以下の3つの点を心得ておきましょう。

1.洗顔料をしっかり泡立てて洗う

まず一番目に大切なのが、洗顔料をしっかりと泡立てることです。洗顔石鹸を使う場合でも、洗顔フォームを使う場合でも、いずれのケースでも洗顔料はしっかり泡立てましょう。

もし手だけで泡だ立たない場合は、泡立てネットを活用します。これを使うとモコモコの泡が出来上がります。

そして洗う時は、お肌を擦ったりせずに、泡をお肌の上で転がすようにして洗います。時々ゴシゴシ擦っている人を見かけますが、これだとお肌に必要な皮脂まで削り取ってしまいます。

お肌は泡でやさしく洗うのが基本です。

2.素早く洗う

時間をかけてしっかり洗った方が良い気もしますが、長い時間をかけていると、お肌の保湿成分まで流れだしてしまいます。じっくりゆっくり洗うのではなく、丁寧に素早く洗いましょう。

また、洗った後はしっかりと洗い流すことも大切です。洗顔料がお肌に残ってしまうと、これも肌トラブルの原因になります。ちょっと余計かなと思うぐらいに、しっかりとすすぐようにしましょう。

3.ぬるま湯で洗う

お水の方が良いという人もいますが、これだと毛穴が引き締まってしまい、余分な皮脂を落としきることができません。また、熱すぎる場合もNGです。

洗顔する時のお湯の温度は、30度〜35度ぐらいのぬるま湯がベストです。

どろあわわ

スポンサードリンク